2008年03月01日

緊張したときの対処法

緊張は誰でもするもの。

芸能人や俳優など人前にでるのが仕事の
プロでも緊張はします。

緊張(きんちょう)とは、体や心が張り詰めた状態にあること。心理学では、これから物事が起きることに対して待ち受けている心の状態のことを指す(行動理論)。生理学においては、筋肉の収縮運動のことを指す。

緊張は刺激になるためいいことです。

緊張をしたら、すべてが悪いわけではなく、
緊張したことをプラスに考えることが重要。

例えば、緊張したときに、
緊張しているおかげで集中できる。とか
緊張できるほど私は興奮できるとか、楽しめる、ゾクゾク
した感情がこみ上げてくるというように
自分のプラスになるように考えれば、
緊張することが楽しくなります。
posted by 緊張克服博士 at 18:27| 人前で緊張しない方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「超あがり症の私でもセミナー講師ができるようになったノウハウ」人前でスラスラ結果を出す人は、こっそり実践している!  人生を変えたい方におくる決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。